所有するビルをリノベーションして中古賃貸マンションとして貸す

リノベーションという付加価値

中古の賃貸物件は借り手が少なく、とくに私の持っている物件の場合、築年数が30年以上経過しているため、それが欠点となり、借り手がつきにくいのですが、リノベーションという付加価値とペットと住める女性専用の物件という特徴、中古であることから家賃が安いというお値打ち感が人気を高めました。
新築の賃貸物件の場合、固定資産税の算定が高くなるのですが、30年を経過した時から徐々に建物の税率が低くなり、維持費の面でもメリットがあります。
建て替えであれば、解体費用に建設費用が掛かりますが、リノベーションにかかった費用は1部屋400万円で8部屋3200万円と消費税で、外壁補修と塗装を合算して4000万円に消費税でした。
天井を吊るさない露出というリノベーションが、造作費用を圧縮しました。
60000円で8部屋で毎月の収入が480000円、年間にして5760000円の収入で、年間固定資産負担がおよそ80万円で、毎月の返済が30万円で10年返済、毎月113000円ほどの収入から所得税を引いてもプラスとなります。
友人がすすめてくれたおかげで賃貸物件として復活し、費用対効果も高いので感謝しています。
友人は不動産業界での経験が高く、不動産賃貸物件に関わるリスクを理解しており、空室リスクや経年リスクを考えて投資する資金をいかに少なくするかが重要であることを丁寧に説明してくれました。
現在は、リノベーションから5年経過しましたが、引き続き満床で、不動産業者からは空室が出来たら連絡してくださいと言われています。

父が所有していた4階建てのビル / まずは、建物の外壁と屋上陸部分の外壁補修 / リノベーションという付加価値