所有するビルをリノベーションして中古賃貸マンションとして貸す

父が所有していた4階建てのビル

マンション 貸す : ペット可中古マンションの購入・物件情報【ピタットハウス】

父が所有していた4階建てのビル / まずは、建物の外壁と屋上陸部分の外壁補修 / リノベーションという付加価値

私は父が所有していた4階建てのビルを相続しましたが、そのビルは従来、テナントビルとして利用していましたが、老朽化が進み、ここ10年は借り手のない状態でした。
屋上部分や壁からは雨水が漏り、とても貸せる状態ではなく、建物の状態はよくありませんでした。
固定資産税の負担を考えると、売却をも考えましたが、解体費用を引けばタダとなる状態で、建物が建っている限り売却も難しい状態でした。
解体業者に見積もりを依頼すると、解体の総費用は3000万円と言われて、土地代とほぼ同等になってしまうため、解体を断念すると、友人の不動産業者からビルをリノベーションしてマンションとして貸し出すことを打診されました。
鉄筋4階立てでテナントは各階に2か所で、そのまま2LDKのマンションとしてリノベーションを計画しました。