株式投資と投資信託、外貨預金の違いとは

これから投資の中で株式投資を検討している方も多いですが、投資信託や外貨預金と比較してもリスクの大きさや取引の流れなどを把握しておくようにしましょう。
株式投資を始める時には、最初に証券会社へ口座を開設していきます。
証券会社の仲介によって買っていきますので、株式投資れから始める初心者の方は、まず証券会社に口座を開設しましょう。
ネット証券であれば店頭に行かないで郵送のみ開設することができるため、銀行口座を開設するのと同じです。
即日で証券口座を開設することができる証券会社もありますので、インターネットなどで調べておくといいでしょう。
次に注文を出していきますが、どの株へ投資するか決めておけばすぐに連絡をして注文を出すことができます。
インターネットだと簡単な操作を行うだけで完了しますが、時間はさほどかかりません。
注文が成立した時には連絡が入りますが、利益が出ることを祈りましょう。
そして売却時に利益が出た時には、即日もしくは数日かけて自分の手元に返ってきます。

外貨預金は株式投資と異なり、外貨の値動きによって利益を狙っていくことになります。
為替相場が変動していくことによって、為替差益や為替差損を生み出していきます。
円で払い戻していく時に、為替相場が預け入れた時以上に円高となっていると為替差損になってしまいますので、注意して投資をしなければなりません。
場合によっては元本割れとなってしまう可能性もありますので、タイミングは非常に大切となります。

そして投資信託は基本的に証券会社へ資金を委託することでスタートすることができます。
各トレーダーの運用によって利益を目指していくこととなりますが、各証券会社で色々なプランを提供しています。
徐々に資金を作っていきたい時は投資信託がお勧めとなりますが、その分期間も多くかかってしまうことがあります。
それぞれのメリットとデメリットを把握しながら投資を進めていくといいでしょう。

海外預金による金利利益

資産運用の方法の一つに、外貨預金というものがあります。これは自国通貨ではなく外国通貨で預金を行うことによって、その国の通貨の金利で利益を得ることが出来る、というものです。日本においては特に利益が大きくなりやすい投資の方法と言えるでしょう。というのも、自国通貨である日本円の金利が非常に低いためです。実際、日本円で預金を行って金利による利益を得るためには、非常に大きな金額を預金しなければなりません。定期預金でも1%を超えないような金利設定では、投資先としては不適格と言わざるを得ないでしょう。勿論普通預金ならば更に低く、0.1を割り込むことも少なく有りません。

対して外国には金利が非常に高い国というのがいくつもあります。例えばオーストラリア、南アフリカ共和国などが代表的です。これらの国は資源国であるためにインフレ状態でも買い手がつきやすく、高い金利を維持することが出来るという仕組みとなっています。これ以外にもトルコリラ、NZドルなどが金利の高い通貨として知られています。

ただ、金利が高いということは基本的にはインフレ傾向があるということであり、通貨価値自体が落ちていくということについても加味しなければなりません。

日本の投資や資産運用状況

老後に向けた資金形成として、何か準備をしているという人はどれぐらい居らっしゃるでしょうか。日本は世界第三位のGDPを誇る国であり、世界二十六位の個人GDPを誇る国でもあります。それでいて、投資や資産運用について積極的な人が少ない国であるとも言えます。では何故日本においてあまり投資や資産運用が行われないのでしょうか。

これについては「お金」に対する道徳観が大きく影響していると言えます。日本人にとってお金というのは「働いた対価」であるという印象が強く、投資や資産運用によってお金を増やすことをあたかも悪いことかのように捉える傾向があります。額に汗していないお金は悪貨である、というような道徳観です。

しかし、資本主義である以上お金に貴賤はありません。公的年金の状態が悪くなっている昨今において、老後への資金形成を行わないことは却って社会に迷惑を掛ける行為です。投資や資産運用というのは労働力と時間というコストの代わりにリスクを取って利益を上げる方法であり、決して責められるようなものではありません。正しい方法を学び、将来自助自立が出来るような資金形成を目指すことが本当の意味での高齢者の社会貢献となるでしょう。

インカムゲインとキャピタルゲイン

資産運用や投資と言われると、多くの人が最初にイメージするのは株式投資ではないでしょうか。株式会社への資金源となる株式を購入することによって行われる投資方法です。実はこの株式投資には大きく2つの方法があり、どちらを利用するのかによって利益の質や出し方が変わってきます。

まず1つ目の投資方法となるのが「インカムゲイン」形式の投資です。これは単元株式数の株式を保有し続けることによって、株主優待や配当金等による利益を受け取るものを指しています。値動きが少なく、倒産などの心配が考えにくい大企業の株式を対象として行うことが多いでしょう。勿論予定以上に株価が上がった場合には売却して利益を得ることも可能です。

もう1つの方法となるのが「キャピタルゲイン」形式の投資です。キャピタルゲインというのは「差益」を利用して利益を得る投資のことを言います。つまり株式を安い時に購入し、高い時に売却することによって利益を得るわけです。また、株式に置いては逆に「高い時に空売りし、安い時に購入する」というショート取引というものも行えます。ただ、前者が底があるのに対して後者が青天井であるため、リスクが無限大に増幅するというデメリットがあります。

基本を学んでFXを始めよう

投資に興味があるものの、どのような方法で始めれば良いのか分からない、という人は多いのではないでしょうか。日本は経済規模に対して投資を行っている人口が少ない国であることで知られています。慎重な国民性が関係していることが考えられるでしょう。そこでここでは、注目されている投資の方法としてFXについて紹介します。FXというのは外国為替証拠金取引のことで、二カ国の通貨レートの違いを利用して利益を出すという方法です。そこでここでは、資産運用の方法としてトルコリラを利用したFX取引について紹介します。

トルコリラを利用することによるメリットとして考えられるのが、まずトルコリラが変動の多い通貨であるということです。これは短期間の売買を繰り返すことによって利益を得やすいというメリットとなります。その代わり、逆張りになってしまうと損益が拡大しやすいというデメリットともなるため、冷静に状況を見極めて取引をすることが求められます。実際のレートを見てみると、2004年から2014年の間で、最安値が38円、最高値が100円というものでした。

トルコリラに関する情報は下記サイトにも詳しく紹介されています。URLより多くの情報を得てFXを始めてみましょう。

投資信託に掛かる手数料

資産運用の方法の一つとして、投資信託を利用した投資があります。投資信託というのは複数の投資家から投資を募り、それらをまとめて投資することによって利益を挙げ、利益を投資額に応じて分配する、という仕組みです。これによって資本金が少ない人でも気軽に投資を行うことができ、ポートフォリオの分配によるリスクヘッジを行うことが出来るわけです。

ただ、この投資信託を利用する場合、利益を上げるためには注意しておかなければならないポイントがあります。それが「手数料」の存在です。投資信託では主に5つの手数料が存在しているため、それぞれの金額を見ておかないと利益にならない可能性があります。

先ず1つ目は「購入時手数料」です。これは投資を購入する際に必要となる手数料です。ノーロード投資信託の場合必要がありません。次に「運用管理費用」です。これは保有している際に自動的に支払われるもので、年率で設定されます。3つ目は「監査報酬」です。こちらも自動的に支払われる、監査法人に対する報酬です。4つ目は「売買委託手数料」です。株式の売買などを行う場合に発生する手数料です。結果発生であるため、事前には分かりません。最後は「信託財産留保額」です。換金時に発生する手数料です。